http://pingoo.jp/ping/ https://ping.blogmura.com/xmlrpc/51od0k9c7z5f/ http://blogcircle.jp/ping/rcv/49051 お化け探知機 | うめぶろ【10分で感情をゆさぶるお話】
fc2ブログ
うめぶろ【10分で感情をゆさぶるお話】
ちょっぴりほっこりするお話や、背中が涼しくなるホラー話、他にも私の日常をお話しします★お話はわたしの音声でも聞けますので、ラヂオ感覚でおたのしみください★わたしの怪談は自由に使用していただいてOKですが、【三月 小梅 (みつき こうめ)】と一言入れておいてください


プロフィール

こうめ

Author:こうめ
ホラーでゾクゾクするのが大好き、心温まるストーリーでウルウルしてしまう

そんな感情振れ幅多めの乙女です( ⸝•ᴗ•⸝)♡



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お化け探知機
探知機。

身近な物だと【金属探知機】ですね。

空港なんかで、危険な物を持ってないか調べるやつです。

では、【お化け探知機】ってご存知ですか?

お化け探知機、通称【ばけたん】。

文字通り、お化け、幽霊を見つける探知機です。

近くに幽霊がいると、光と音で教えてくれます。

雑貨屋さんとか、ネット通販で数千円で買えるので、ご興味ありましたら是非。

これがあると、心霊スポットでの肝試しがグウッと楽しめます。

けど、注意してほしいことがあります。



大学生カップルのカナさんとワタルさん。

まだ付き合い出して2ヶ月くらい。

ちなみに、ワタルさんはカナさんの初めての彼氏なんだとか。


夏休みのことです。

2人で心霊スポットに肝試しに行くことになりました。

場所はとある廃ホテル。

国道をずーっと走っていると、途中脇道があって、その脇道を進んでいくと、森の中に建っています。

なんでも、何十年か前に火事を出して大勢の方が亡くなったとか、経営者が自殺された、イジメを受けていた従業員が亡くなられたとか。

いろいろ噂がありました。


ワタルさんの車で、国道を走っていると目の前に脇道が見えてきました。

脇道の方に進み5分ほど走ると、ぐねぐねした細い林道に入ります。

その先に目的地の廃ホテルがあります。

林道は一本道で、先にあるのは廃ホテルだけなので、車の通りや、人気も全くありません。

街灯がぽつん、ぽつんと立っています。

道のすぐ横は林。

街灯のあかりも届かず、真っ暗。

漆黒そのもので、ただただ不気味。

ただ、車の中、カナさんとワタルさん。

これから向かう廃ホテルの噂を話したりしながら和気あいあいとしていたので、そんなに気にならなかったそうです。


そんな中、



あ、俺、面白いもん持ってきたんだよ



そう言うと、ワタルさん、ポケットから小さなキーホルダーを取り出した。

防犯ブザーを小さくしたような形。



これさ、お化け探知機なんだってさ
幽霊がいると光って音がでるんだって



へ〜……ちょっとやってみてよ



ワタルさん、スイッチをいれました。

程なくして探知機は緑色に光りました。



良かった〜。ここには何もいないみたい。



お化け探知機。

赤く光って音がなると危険な霊がいるそうです。

緑は何もいない、青は天使がいるんだとか。


簡単に原理を説明すると、機械的にサイコロを何度も振って出た目の確立で霊がいるいないを判断するそうです。

例えば、ゾロ目が出る確率、サイコロが多ければ多い程、低くなります。

それでもゾロ目が出た時、そこには不思議なチカラが働いている。

霊がいる、となるそうです。


そうこうしているうちに道が開けて、目の前に建物が見えてきました。

暗闇の中にたたずむ四角い建物。

壁の看板は剥がれ、蔦が這っている。

一部、崩れているところもあり、あちこち窓が割れている。


それまで、和気あいあいとしていた車内でしたが、建物を見た途端、2人とも黙りこくってしまいました。



着いたよ。 



入口から車を乗り入れ、元駐車場に停めました。

しばらく沈黙が続きます。

5分くらい経ったでしょうか。

ワタルさん



行こっか



2人は懐中電灯を準備し、車を降りました。

ワタルさんは懐中電灯とお化け探知機を、カナさんは懐中電灯と、ワタルさんの服をギュッと握って歩きだしました。


駐車場からホテルの入口に来ました。

実際に建物を前にすると、あまりの不気味さ、存在感にすくんでしまいました。


建物は5階建て。そんなに大きくは無いのですが、真っ暗な中に薄グレーのコンクリートが異様な存在感を出していました。


懐中電灯で下から上まで照らしてみます。

幾つか窓が割れている部屋があります。

外から中の様子を見たところ。

カーテンは破れたのか、燃えたのか、半分ほどしかなく、中の壁紙も剥がれていました。

ある部屋は壁が崩れているように見えます。


それを見たカナさん。

正直、中に入るのが怖くなりました。

ワタルさんを見ると、ワタルさんも圧倒されてるのか半ば放心状態のよう。



わたし、中はいるの無理そう。


じゃあ、中はやめてホテルの周りを回ってこよっか。



2人はホテルの周りを1周することにしました。

ホテルは四角に見えていたが、実際は上から見ると凹の形になっています。


ホテルの周りは林。

時折、動物なのか鳥なのか、何かの鳴き声が聞こえてきます。

その度に身体がビクッと震えました。


それ以上に、時折なるお化け探知機。

それが、本当に怖かったそうです。

2人とも霊感のようなものはなかったので、霊の存在を感じずに生きてきました。

それが、探知機のせいで嫌が王にも存在を認識しなければいけない。


もちろん、2人ともそれがおもちゃで正確なものではないと思っていましたが、ここが心霊スポットで霊が周りにいるかもと思うと、どうしても無視することが出来ませんでした。



緑に光っているうちは


特に何もいなさそうだね



青く光っては


何かいるみたいだけど、大丈夫。



時折、赤く光ながら

ピーピーピー

と、けたたましく音が鳴ると。


ヤバい、危険な霊がいる。



探知機の反応に一喜一憂しながら歩いていきます。

ホテルの周りの景色は特に代わり映えのしない風景。

ホテルを左手に反時計回りで歩いています。

なので、常に左にホテル、右には林。

懐中電灯を左右に振りながら散策します。


丁度、凹の凹んだ所に差し掛かった時、ワタルさん



そういえば、この奥で授業員が死んでたんだって。


そうなの?


うん、障害のある従業員が虐められてたみたいで、物置の中で死んでたみたいだよ。

あ〜たぶん、アレだ。



ワタルさん、懐中電灯で奥を照らすと小さな物置が見えました。

あちこち凹んで塗装が禿げていました。

扉も片方が無くなっています。


噂話を聞いた直後だからでしょうか、その物置にとても禍々しい不気味さを感じたそうです。

自然と足取りも重くなりました。

ワタルさんが物置を、カナさんが足元を照らしながら近づきます。


ピーピーピーピーピー


突然けたたましく音がなりました。

探知機が赤く光っています。


わああああ


2人共、探知機を見たまま固まってしまいました。


すると


ピーピーピーピーピーピー


別の場所からも探知機の音が聞こえだしました。

カナさんの持っていたカバン。

カナさん、ガクガク震える手でカバンのポケットを探ると【お化け探知機】を取り出しました。


実は、カナさんもお化け探知機、買って持ってきていたんですよ。

けれど、ワタルさんも持ってきていることを知って言い出せなかったそうです。

スイッチをきったままカバンのポケットにしまっておいたはずなのですが。

何故か、勝手に電源が入って、しかも、幽霊を検知しているのか赤く光ながら


ピーピーピーピーピー

とけたたましくなっている。


探知機、1つだけなら偶然かもしれません。

けれど、2つの探知機が同じ場所で反応しているんです。

もう、間違いないですよね。

そう思ったカナさんとワタルさん、


わーわー

叫び声を上げながら、一目散に車に戻ってきました。


車に戻ってくると何時のタイミングで鳴り止んだのか分かりませんが、探知機は2つとも静まり返っていて、緑色に光っていました。

すぐにスイッチを切って、車のダッシュボードの小物入れに起きました。


その後2人は、しばらく放心状態でした。

少し休んで、息を整えると、ワタルさん


帰ろっか


車を走らせました。


駐車場を出てホテルの入口を出ようとした時


ピーピーピーピーピーピーピーピーピー


ダッシュボードの上で真っ赤に光ながら、けたたましく警告音が鳴り出しました。

お化け探知機。

車を走らせる前、たしかにスイッチを切ったはず。

それにも関わらずまた勝手に反応しだしたんです。

しかも、2つとも。


カナさん、ワタルさん。

わーーーーー

悲鳴を上げるとワタルさん、車のアクセルを思いっきり踏み込みました。


ブォン


細い林道、猛スピードで下っていきます。

2人ともパニック状態。

探知機は

ピーピーピーピーピーピー

けたたましくなり続けます。


ぐねぐねしたした細い林道、一歩間違えれば木に激突する事故が起こりそうですが、あまりの恐怖にお構い無しにアクセル踏み込みます。

依然としてなり続ける探知機。

やがて、林道をぬけ、視界が開けました。

すると、探知機は静かになり、また緑色に戻っていました。


2人は道の脇に車を停め、しばらく休憩してから帰ったそうです。


きっと、探知機に反応してたのは虐められた果てに亡くなられた従業員の方だったのでしょう。

地縛霊となった従業員がカナさんとワタルさんに付いてきていたのかもしれません。

けれど、土地に縛られているせいか、途中でついていけなくなったということでしょうか。


気をつけてほしいこと、分かりましたか?

お化け探知機、持っていくのは1つだけにした方がいいですよ。


こうめSNS




ランキング参加しています
ぜひぜひポチッとお願いします












千年さんに読んで頂きました🤗
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する